出会い系婚活の競争率は低い

MENU

出会い系婚活にはナンパ系の人は少ない

出会い系婚活には、まず、良い意味で肉食系タイプであり、異性に積極的にとてもガツガツしたタイプ、と言われるような方、ナンパなどをされる方は少ないかいない、とされています。

 

この理由に関しては、このようにナンパなどを出来る異性の方の場合には、出会い系などを使わなくても、街などでナンパ、またはアルバイト先などでナンパなどを友人と行い、そこから結婚までこぎつけていくことの出来るバイタリティーを持っているからです。

 

これは男女問わず、そのような傾向があり、ある意味で自分に自信がとてもある方ほど、出会い系は利用しない、とされています。

 

これは、上記のように異性に声をかけていくことに躊躇いがないため、であり、その方がモテる、モテないなどに関係なく、恋愛というものは、競争率に関してはどれだけ異性に声をかけたのか?で決まると言われているからです。

 

そのため、容姿があまり優れていない男女の方であっても、積極性さえあれば、競争率は自然と高くなる、と心理学では分析されています。

出会い系婚活には消極的な人が多い

この出会い系の婚活において、消極的な人が多いという意味は、例えば学生時代などに好きな人がいた場合でも、自分からは声をかけずに終わってしまった、というタイプの方や、例え告白などを異性からされても、友人がその人を好きであった場合には、友情を裏切れない、という形で相手をふってしまう、という悲しいパターンなども含まれています。

 

そのような意味で、消極的な人が多い傾向がある、とも言われています。

 

そのため、競争率に関しては、実際にはとてもモテる人が多いものの、なかなか出会いを求めないまま年齢を重ねてしまい、気付いたら30代後半になっていた、という人も少なくありません。

 

また、このようなタイプの人はもともとがモテる要素を持っているため、決して持てない、競争率が低いということはなく、むしろ競争率が高い傾向になることが多いです。

職場などでの恋愛が考えられない人が多い

よく、職場などで恋愛関係を起こしてしまうと、会社によってはクビとなる場所もある、とされています。

 

また、仕事場での恋愛関係を持ってしまうと、周囲から色々な嫌な噂をされてしまう可能性が高い、として敢えて仕事場などには、恋愛などを持ち込まない、という方はかなり多いです。

 

このような方の場合、仕事場で、異性から声をかけられても、例え好みのタイプであっても、知人として付き合う傾向にあり、プライベートと仕事をかなり分けて考えるタイプの方が多いです。

 

そのため、出会い系婚活で相手を探す、という方が多いことが現状です。

 

また人気の異性の場合には、同性同士で争いが勃発してしまうこともあり、優しい人ほど、このような争いには巻き込まれたくない、という気持ちが強いことから、出会い系での恋愛に入ろうとして、ゴタゴタからは身を引こうとされる人が多いとされています。