出会い系婚活は友達に話さない方が良いのか

MENU

出会い系婚活を話すかどうかは人を見て判断

「自分がネットを使った婚活をしている」ということであれば、友達をはじめ様々な人に話したところで余り問題になることは無いかもしれませんが、その方法が「出会い系」である場合には人によって大きな問題だと感じる割合が増えてしまいます。

 

特に年代的に上の世代は出会い系サイトを「悪意のあるサービス」だと認識している人が多い傾向がある為、話す際は慎重に判断することが大切です。

 

気の知れた友達に話す際にもそういった配慮をすることは大切です。友達だから大丈夫だろうという安易な判断では余計なトラブルを招き兼ねませんので、しっかりと相手を見てどうするかを決めていくようにしましょう。また、仮に同じ内容を話す場合であっても、「より印象が良くなる話し方」を意識すると言った配慮も必要です。

余計なリスクを回避するような話し方をする

過去、「出会い系サイトを媒介にした事件や事故」が多発した時期があります。現在30代以降の人であればその状況を目の当たりにしているため、この年代の中には出会い系サイトに対して非常に強い嫌悪感を抱いている人もたくさんいます。

 

現在の出会い系サイトがどのような状況になっているのかを理解していればまだ良いのですが、過去の印象がそのまま残っている人であれば「話さない方が無難」と言えます。現状を説明して理解・納得してもらうという方法もありますが、その為には明確な根拠を提示しなければいけない状況が多くなるので簡単なことではありません。

 

であれば、余計なリスクを回避する意味でも話さないままでいるか、もしくは「リスクを回避できるような内容・話し方にする」と言うことが大切です。

理解してくれる人でも安易に推薦しないこと

出会い系サイトに対してある程度の理解を持っている友達に対して話すのであれば、意図しないトラブルに発展する可能性は低く抑えられます。

 

むしろ、どのように婚活をしていけば良いのかというアドバイスや、その時々の状況を相談すると言ったことが出来る様になる可能性を考慮すれば「話すメリットはある」と言えるでしょう。日常生活で異性への対応に長けている人であれば効果的なアドバイスが貰えることにも期待が持てますが、だからと言って安易に紹介してしまわないことが大切です。

 

安全性が高くなっているとは言え、やはり危険性はゼロではありません。間違いなくしっかりとした対応がとれる人だと確信できたとしても、万が一のリスクを考えて「自己責任で」という一言は添えておくべきでしょう。